失敗しない医師転職サイトの選び方


特殊な職業である医師の転職は容易ではありません。時間的な余裕が得にくい医師が手早く確実にニーズを満たす転職をするには、医師転職サイトの活用が賢明です。 今回はサイトの選び方について、転職理由別に、詳しく説明します。

shutterstock_240529081.jpg


「エリア重視」向けの医師転職サイトの選び方

家庭の事情で実家近くで働く必要が出てきた、夫の転勤帯同でエリア移動をせざるを得ない、など転職条件の最優先が「働く場所」の方もいます。 どの地域の病院とつながりが強いかどうかは転職サイトによって違ってきます。得意なエリアと不得意エリアがあります。希望する場所の求人が充実しているかどうかの見極め方を以下に示します。

1.公開型の医師転職サイト
条件選択の「地域」を調べます。希望の地域が選択肢にない場合もあります。選択肢にある場合でも求人案件が少ないケースもあります。

2.非公開型のサイト
条件検索はありませんが、おおよその判断はつきます。「会社概要」に営業支部または各拠点について記されています。支部・拠点のあるなしが医療機関とれだけ繋がりがあるかの目安になります。 なお、「会社概要」はサイトの最下部またはサイド部分といった目につきにくい部分にあり文字も小さいのが特徴です。

地域にこだわった転職をしたい方は、サイト内の地域検索と運営会社の地方拠点を判断軸に選ぶことで効率よく希望地への転職がしやすくなります。


「フリーランス志向」向けの医師転職サイトの選び方

医局に入らず自身のスキルを強みにした医師スタイルを大事にしたい方もいます。フリーランスでも、常勤と非常勤かで勤務状況は違ってきます。こうした常勤と非常勤の違いを知るために医師転職サイトの活用は有効です。

1.常勤・非常勤別条件検索が登録不要でかんたんにできるサイト
求人情報についてどこまで詳細かどうかはサイトによって多少の違いはありますが、常勤と非常勤の実情が見えてきます。

2.非公開型サイト
公開型の場合は多数の医師も見ているので競争率が高くなるデメリットは考慮しなければなりません。情報収集用として活用しつつ、非公開型のサイトへの登録もしておきます。クローズドなサイトのため応募数が少ない傾向があります。ライバルの少ないサイトで確実性の高い採用に近づくことができます。

3.カウンセリング重視のサイト
医局人事に縛られないメリットのあるフリーランスですが、情報ネットワークが浅くなりがちな点がネックになります。カウンセリングに力を入れているサイトであれば医療界の情報に精通しているため弱点補強になりますし、ほかの医師のキャリアパスの実例をもとにした助言も得ることができます。

検索しやすいサイトで常勤・非常勤の現状に目配せしながら、非公開型で採用の確実性を高め、カウンセリング重視のサイト活用は専門家の視点で視野を広げます。フリーランス志向の方にはこの3つの特徴を備えた転職サイトを選ぶと失敗のない転職が可能になります。


「中堅年代層」向けの医師転職サイトの選び方

専門性が確立した熟練医師がキャリア形成のターニングポイントで重視する転職条件とはなんでしょうか。体力に負担なく生涯現役が目指せる、専門領域での実務経験が生かし自身のノウハウで後継者育成ができる、などが考えられます。 臨床メインから次世代育成のポジションへ働き方を変えることで、体力的課題の解決と、積み重ねてきたスキルで医療界への貢献もできます。この2つのニーズを満たすのが非公開型の医師転職サイトです。

非公開型の転職サイトに医療機関が求人依頼をする理由に、経営状況や今後の経営方針をほかの医療機関に知られたくないことが考えられます。経営改善や盤石な経営体制を整えるには牽引力のある重要ポスト(役職)にふさわしい人材が必要です。こうした求人が集まりやすいサイトです。 非公開のサイトであれば、病院側と熟練医師の条件合致率が高くなります。短期間で希望条件に見合う医療機関との速やかな契約につながる可能性が期待されます。


まとめ

数ある医師転職サイトですが各特徴を押さえた選択で、キャリアチェンジを成功させることは十分可能です。こちらを参考に自分に適したサイト活用で、希望に叶った転職をしましょう。

TwitterやLINEでも
最新情報をお届けしています。

【PCの方】
スマホでLINEを起動>その他>
友だち追加>QRコード
【スマホの方】
下記ボタンをタップ
友だち追加